記事一覧

BAD CONNECTION / DR. LOVE

近況の記事でも言いましたが、今年の夏はヒマなし!!!!!!!夏"休み"とは。

まぁ来月は誕生日ですし、そのくらいは休憩を…させろやコラ。



新譜のレビューもちょっとまだ進んでいないというか、そもそも書くヒマがネェ。暫くは単曲のレビューでご了承ください。蔵出し気味の記事です。







BAD CONNECTION / DR. LOVE
(C. Moroni, L. Gelmetti)



今日、改めてすげぇ曲だなと思わされたのでレビュー…


言うまでもなくそれなりにメジャーな楽曲かなと思うこのBAD CONNECTIONですが、時期が時期だけに他の有名楽曲に埋もれがちなのがとにかくもったいない。
DR. LOVE自身も「EUROBEAT」や「DON'T STAND SO CLOSE」等のヒット曲がある為、BAD CONNECTIONは中堅ヒット感が否めません…うーん。私は少なくとも上記のDR. LOVE楽曲の中だったらダントツで好きだけどなぁ。


リリースはデビュー曲DOCTOR LOVEに続く2曲目。SEB vol.74の盛りだくさん感の中では地味な立ち位置かもしれませんが、単体で聴くととっても爆発的な曲なのです。

やはり一番最初に特筆すべき点は、勢い。
やりたいことやりまくっている印象で、半ば暴走気味の勢いがとにかくカッコいいのです(笑
その勢いはイントロを抜ければすぐに。タイトルコールと共に雷の音、そこからリズムとサンプリングでだんだんとアップテンポに持って行く…

と思いきや!いきなりの左右パンで突如突入するリフ。
ここからは勢い任せで、単調ながらも主張の強いリフに、流れるような展開のボーカルパート。ダァ~イアイアイアイと印象的なフレーズもありノリの突発加減はこの上なし。
さらに一息もつかせない勢いのBメロからあっという間にサビへ。「バッコーネクション!!」の言い切りの強さはキャッチーで頭に残ること必至。所々に韻を踏むようなアーイアイアイアイが設置されてるのも芸が細かいんです。


これだけでもヒットポテンシャルは十分なんですが、私が一番好きなポイントはここではなく、クララのコーラスにあります。
2コーラスサビ後のリフにいつものサンプリングが入り、そこからの展開は強烈。
Aメロのヘッ!ヘッ!ヘッ!ヘッ!に始まり、Bメロではどうしたのかというくらいの崩壊ぶりを見せてます。


「 ウウォオウゥン イェ゛ェ゛エイイェイェイエ゛エ゛ェェ... ヘッヘッヘッイェェ!
オオオ゛ゥンイエェェ゛エイイェイイェイイェイイェイェ゛ェェェェ ウ゛ォ゛ンウ゛ォ゛ンウ゛ォ゛ンオ゛オ゛オ゛オ゛オ゛ゥオ゛!!!!!!!!


あれ、この人って、こんなシャウトする人だったっけ…(遠い目)

とにもかくにも喉が痛そうなくらい唸っており、荒ぶってます。こんだけ荒ぶってるのも珍しいかと。クララの芸達者ぶりが伺えますね(笑

他にもサンプリングの色濃さ等聴きどころが目白押しです。


まぁあの、BANG BANG FOR YOUR LOVEが好きならこれも好きになれますよ(


90年代のDeltaらしい、良い意味で古くささを感じさせる激しさは今となっては尊い存在… このくらいの頃が一番輝いていました。







今宵も痛い記事を読んでいただきありがとうございました(白目
近日の悩みは腰痛です。この間気がついたのですが、5分立つだけで腰が痛い。ジオングが羨ましいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント